Kazuhiro Tsuboi

坪井 一宏/ヴァイオリン、ヴィオラ奏者・指揮者

1962年大分に生まれる。3歳よりヴァイオリン、5歳よりピアノを始める。

小学校・中学校・高校時に大分県音楽コンクール1位特賞受賞。
京都市立芸術大学音楽学部ヴァイオリン専攻科に入学。
卒業時には「音楽学部賞」を受賞する。
卒業と同時に、日本テレマン室内管弦楽団に入団。同楽団では、首席ヴィオラ奏者、コンサートマスター等を歴任する。同楽団での演奏活動では、日本各地はもとより、ドイツ・アメリカ・イギリス・韓国など海外での演奏家にも出演し、研鑽を積む。また、1994年・1995年には、小林道夫氏のピアノのもとリサイタルを開催し好評を博す。
2001年同楽団を退団。以後フリーランスの演奏家として、オーケストラの客演奏者、室内楽奏者などとして多くの演奏会に出演するとともに、クラシック音楽だけでなく、ポピュラー音楽の著名なミュージシャンのコンサートやレコーディングにも多く参加している。
指導者としても、ジュニアの指導者、アマチュアオーケストラや合奏団の指揮者としても活動している。
  

Enemble Spiritoso

アンサンブル スピリトーソ

私、坪井一宏が立ち上げたアンサンブルグループです。私の音楽仲間を中心として、規定の編成にこだわらず色々な編成の音楽に取り組み、発表していこうというコンセプトで始めました。この冬には、第1回目のコンサートを開催予定です。第1回目は弦楽四重奏でのコンサートを予定しております。また、多くの方々にクラシック音楽に触れ合っていただけるよう、様々な活動にも取り組んだいきたいと考えています。出張演奏なども可能です。ご興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください。

芦屋​フィル常任指揮者

Conductor

結成以来もうすぐ20年を迎えるアマチュアオーケストラです。来年には第10回記念定期演奏会を迎えようとする今、芦屋フィルは独り立ちすることになりました。この秋から独立したアマチュアオーケストラとして、新しく歩みだそうとしています。

私が指揮指導させていただくようになり、もう十数年の月日が経ちましたが、今後も今同様に、そして新しいスタイルも模索しながら、さらなる成長を目指していきたいと思っています。

Composition

作曲/編曲

新しいチャレンジとして、恥ずかしながらも作曲および編曲に挑んでおります。

編曲に関しては、子供たちの合奏曲の編曲を数年前から自分なりにやっていましたが、今年に入り、某テレビ局からのご依頼で短い曲ですが、一から番組用の曲を作るという事を初めてやらせていただきました。
今後、まだまだ未熟ですがこの分野もチャレンジしていこうと思っています。